共同生活上の注意点

未分類

家賃負担の軽減やパートナーという心強い存在など、特に見知らぬ見知らぬ土地での1人暮らしに於いては、見過ごせぬメリットが約束されたシェアハウスですが、半共同生活を円滑に継続する上での注意点が見過ごせません。生まれ育った土地も環境も価値観も異なる、それまで一面識も無かったパートナーと共用部をシェアする以上、最初の時点でしっかりと話し合い、お互いが納得するルールを決めてそれを守る姿勢が大切です。

シェアハウス暮らしに於けるトラブルの原因の大半が、片方だけが好き放題で心地良く過ごす分だけ、もう1人にストレスが溜まってしまう、共同生活に於けるバランスの崩壊が挙げられます。外交的で人とのコミュニケーションを上手な距離感で楽しめるタイプであれば、シェアハウスライフをより有意義に楽しめる期待値が高まります。

特に生活サイクルが異なる場合、パートナーの就寝時間中の入浴や大きな音を立てての玄関の出入りなど、マナー違反となる行為は慎む気配りが求められます。こうした配慮が我慢と感じられ、自身にストレス溜め込んでしまうタイプであれば、シェアハウス暮らしには不向きと申さざるを得ません。実際にシェアハウス生活をスタートさせるに際しては、自身の性格やライフスタイルも含め、この「向き不向き」についても十分な自問自答が求められます。

Pocket