家賃負担の軽減やパートナーという心強い存在など、特に見知らぬ見知らぬ土地での1人暮らしに於いては、見過ごせぬメリットが約束されたシェアハウスですが、半共同生活を円滑に継続する上での注意点が見過ごせません。生まれ育った土地も環境も価値観も異なる、それまで一面識も無かったパートナーと共用部をシェアする以上、最初の時点でしっかりと話し合い、お互いが納得するルールを決めてそれを守る姿勢が大切です。

シェアハウス暮らしに於けるトラブルの原因の大半が、片方だけが好き放題で心地良く過ごす分だけ、もう1人にストレスが溜まってしまう、共同生活に於けるバランスの崩壊が挙げられます。外交的で人とのコミュニケーションを上手な距離感で楽しめるタイプであれば、シェアハウスライフをより有意義に楽しめる期待値が高まります。

特に生活サイクルが異なる場合、パートナーの就寝時間中の入浴や大きな音を立てての玄関の出入りなど、マナー違反となる行為は慎む気配りが求められます。こうした配慮が我慢と感じられ、自身にストレス溜め込んでしまうタイプであれば、シェアハウス暮らしには不向きと申さざるを得ません。実際にシェアハウス生活をスタートさせるに際しては、自身の性格やライフスタイルも含め、この「向き不向き」についても十分な自問自答が求められます。

玄関やキッチン、バス、トイレなどは共用施設として、個人個人のプライベート空間が各々平等に準備されている間取りのシェアハウスは、家賃負担が1人暮らしと比較して軽減出来るメリットで人気を博しています。更には馴染みの無い土地で新生活をスタートさせるに際し、ルームメイト的なパートナーの存在は、本人のみならず家族にとっても心強く、保護者から薦められて.シェアハウスを探す若者も少なくありません。

但し空き物件の絶対数は必ずしも多いとは言えず、入居を希望されるのであれば、より早い段階からシェアハウスの斡旋実績を有する業者とコンタクトを取るなど、情報収集からの初動を起こされる事をお薦めします。特に交通アクセスが良い、女性でも安心のセキュリティ対策、近隣の施設設備が充実している地域の物件は、空き情報が不特定多数に配信される前に、水面下の争奪戦となってしまう展開が否めず、情報誌やインターネット上でなかなか情報が掴めない理由の1つとなっています。

特に物件を探される地域から離れた場所にお住いであれば、シェアハウスに精通した業者の見極めなど、通常の物件探しとは違う視点にも重点を置いた探し方が求められます。不動産情報に固執せず、より幅広い情報収集作業をお薦めします。

▼シェアハウス関連情報▼
http://www.e-guesthouse.com/
(女性でも安心のセキュリティ対策がされているシェアハウス「DKハウス」のサイトです。)